So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

記事が満杯になったのでPart 2へ



イタリア訪問日記の途中ですが1GBを超えたため 日々の随想 Part 2へ引っ越します。
引き続きよろしくお願いします。

http://zukimama2.blog.so-net.ne.jp




イタリア訪問日記・ベネチア 一日目 [Photos]

6月8日(日)の早朝 Italo鉄道でベネチアへ
DSC05798.jpg

息子の家からの日の出

ローマ オスティエンセ駅より7:10発ベネチア行きの一等個室(コンパーメント)の4シートで4時間、11時10分サンタルチア駅到着。

DSC05805.jpg


DSC05820.jpg

赤色の美しいフォルムの列車

DSC05817.jpg

乗務員と一等客室、その手前側がコンパートメント   コンパートメントの写真は顔が写ってるので無しです


DSC05830.jpg

サンタルチア駅


この日はカヌー競技が行われていてヴァポレットという水上バスが運行されていなかったので水上タクシーでサン・マルコ広場まで

水上タクシーより撮影6枚
DSC05836.jpg

水上タクシー乗り場

DSC05841.jpg



DSC05850.jpg

こんな橋を幾つも潜って少し遠回り

DSC05869.jpg

何隻もクルーズ船が停泊中

DSC05878.jpg

サン・マルコ広場の鐘楼が見えてくる

DSC05885.jpg

カヌーレースの応援の人達かな?

DSC05900.jpg

サン・マルコ広場の船着き場


DSC05895.jpg

ゴンドラの乗船場

宿泊はフェニーチェ劇場近くのアパートメントホテル。係の人が迎えに来てホテルに案内してもらいミニキッチン付きの2BR、1浴室、1シャワールームの部屋に一先ず落ち着く。

DSC05902.jpg

アパートメントホテルはこの路地を入った所にある

DSC05904.jpg

ホテルを出てすぐの路地

DSC05905.jpg

フェニーチェ劇場

この日の気温34~35℃で湿度もあり真夏の暑さ。しばらく休憩後、ホテル周辺を散策に出ると路地を曲がるとすぐにフェニーチェ劇場があり、その横に何やら由緒ありげな「ANTICO MALTINI」というレストラン
すると「地球の歩き方」にも乗っていない格式のありそうな素敵な雰囲気のリストランテで1720年創立のフェニーチェ劇場より古いレストランと解った。

DSC04034.jpg

店内にあった絵はがきの写真

DSC05906.jpg

ビールで乾杯し、ガイド役の息子のお嫁ちゃんのイタリア語は素晴らしく注文もスムーズ、どこでもパーフェクトと褒められてこちらも嬉しく安心して任せられたものです。
前菜は生ハムメロン とっても美味しく メインはいろんな種類のパスタで名前は覚えられない
お腹もいっぱいになったところで路地歩きを楽しみながらサンマルコ広場へ。

ベネチアは車が無く運河を行くヴァポレットに乗るかゴンドラに乗るか水上タクシーを利用する以外は歩きが主な移動方法なのです。

DSC05917.jpg


DSC05921.jpg

運河の橋

DSC05931.jpg

日盛りのサンマルコ広場は人も少ない


DSC05936.jpg

1720年創業のカフェ「Florian」のテラス席も閑散としてます

DSC05939.jpg

本当に暑いこの日、人々は日陰で暑さをしのいでいるみたいで日が陰るとすぐに満席になります

サン・マルコ寺院は修復中ですが長い行列だったので私たちはドゥカーレ宮殿から「ため息橋」の方へ

DSC05952.jpg

ベネチアの守護神 聖マルコの象徴である 翼を持つライオンの付いた時計

DSC05942.jpg

溜息の橋 (ドゥカーレ宮殿の地下牢へ行く橋で罪人は一度この橋を渡ると二度とこの世に戻ってこられないと言われ、橋の小窓からこの世に別れを惜しみ溜息を付いたという逸話から付いた橋の名前・・・
地球の歩き方より引用)

DSC05950.jpg

サン・マルコ広場から400m離れたサン・ジョルジョ・マッジョレー島とサン・ジョルジョ・マッジョレー教会

DSC05962.jpg

路地歩きの途中、客待ちのゴンドラ船付き場

DSC05968.jpg

路地から路地への町歩きを楽しむ

DSC05979.jpg


DSC05991.jpg



DSC05999.jpg

リアルト橋

DSC06003.jpg

リアルト橋の上からの大運河

DSC06010.jpg

リアルト橋への路地は両側に土産物屋などがぎっしり

DSC06017.jpg

至る所に広場があり、カフェやレストランがあり人々が憩う姿が見られます

DSC06047.jpg

夕食はこの奥の路地を入った「Corte Sconta」でベネチアのシーフードなどを満喫、暑い中歩き回った一日目の終了です。

イタリア訪問日記 [Photos]

2014年6月6日から23日まで、夫と妹の3人で、去年行くはずだったローマに住む息子夫婦を訪ねる旅をやっと実行出来ることになりました。
まずは6日はアリタリア航空のローマ直行便にて19:00 ローマ・フィウミチーノ空港着
思ったより簡単に入国出来、迎えの息子夫婦に会え一安心。車でローマ郊外のアパートメントへ。
お土産の手渡しや荷物の整理などして一日目終了。

DSC05758.jpg

家のベランダから見える景色 広々としてはるか遠くニローマ市内のビットリオ・エンマニュエル記念堂の二頭立て馬車やバチカンのドゥオモが見える


翌日は終日、時差に慣れるためと息子たちの日常生活の様子を知るために近所のショッピングモールなどへ連れて行ってもらいお土産品の下見などして過ごす。
DSC05765.jpg

日本から持ち込んだホームベーカリーで焼きたてのクルミパン。

DSC05769.jpg

近くのアウトレット

DSC05779.jpg

午前中なので人も少なく花など飾られて綺麗なショッピングモール

DSC05790.jpg

夜は近くのステーキ屋さんへ行き、ワイン トリュフのコロッケ

DSC05794.jpg

好きな肉を選んで焼いて貰います

第一日目はこうして終ったのでした。

次はベネチア ・・・続く

雨の妙高・戸隠一泊吟行会 [吟行会]

5月22・23日 年一度の俳句結社「絵硝子」の一泊吟行会がありました。
今年は戸隠神社、小林一茶の里を訪ね妙高高原で一泊。
天気は曇りのち雨の予報でした。

11時長野駅集合、トラベルプラザさんのバスでの吟行。
季節がひと月戻った感じで風が冷たく、持って行ったカーディガンをもう一枚着込むほどでした。
まずは昼食のお蕎麦を頂き戸隠神社へ向かいました。
車中からの景色は木々の様々な芽吹きの緑色が美しく、山藤、桐の花などが見えて心が洗われるようでした。
添乗員さんがしきりに山が見えないのを残念がっていました。
戸隠神社へ着く頃から本降りの雨になって来て、奥社へは行かず中社での参拝。
戸隠森林植物園のミズナラの林の木道から水芭蕉、リュウキンカ、ニリンソウなど群れ咲くのを見ながらの散策で、傘を差しカメラも雨に濡れるのを気にしながらなので写真はぼやけています。
DSC05310.jpg

戸隠神社中社

DSC05315.jpg

樹齢700年の神杉

DSC05336.jpg



奥社へ続く長い参道
DSC05328.jpg

水芭蕉の群生 今年は雪が多かったのでこの時期でも見られるそうです

DSC05326.jpg

水芭蕉の葉が大きい

DSC05331.jpg

リュウキンカ

DSC05327.jpg

雨に打たれる二輪草

一茶終焉の地へ向かう頃からだんだん雨もあがって
DSC05343.jpg

ここでカメラの設定がソフトフォーカスになっていたことに気付くも後の祭り、大失敗

DSC05387.jpg

一茶はこの土蔵で最後を迎えた


DSC05347.jpg

囲炉裏と筵だけの土蔵暮らしの冬はどんなにか寒かったでしょう

DSC05346.jpg

ひとつだけある高窓

DSC05382.jpg



DSC05363.jpg



DSC05362.jpg



DSC05373.jpg

オダマキ

DSC05381.jpg

十二単衣

DSC05388.jpg

鳴子百合


DSC05390.jpg

一茶記念館の一茶像と俤堂

DSC05394.jpg

一茶を慕う人々の建てた一茶俤堂 

DSC05396.jpg

俤堂を訪れた画家、作家、俳人などの揮毫のある格天井 

DSC05403.jpg

一茶一族墓地

DSC05414.jpg

新緑と紅葉の若葉の赤が鮮やかな小丸山公園

DSC05420.jpg

三寸アヤメ?

DSC05424.jpg

爽やかな青空になるも遅し 

翌日の朝、午前中の句会は深い霧に包まれて
DSC05425.jpg

泊まったのはゴルフコースに面した妙高パインバレー アパホテルリゾート
各自一室でゆっくり過ごすことができました

総勢44名の吟行会も無事終了、お世話くださった幹事さんありがとうございました。

久々の我が家 [Photos]

3月末からGW明けまで実家で過ごし50数日ぶりに名古屋に帰ってきました。
その間、クリスマスローズ、ヒヤシンス、ムスカリ、デモルフォセカ、木香薔薇、ハナミズキなどなどの花の盛りを見過ごしてちょっぴり残念な気持ち。
そんな気持ちを慰めてくれるように咲いていた花たちの写真です。
DSC_8464.jpg

ストレプトカーパス

DSC_8475.jpg

唐種オガタマ 夕方にはバナナの様な甘い香りを放ちます

DSC_8478.jpg

イタリアンラヴェンダー

DSC_8488.jpg



DSC_8508.jpg

可児花フェスタ公園で買った名前を忘れたしミニバラ

DSC_8528.jpg

オンシジュウム

DSC_8537.jpg

夫の育てている胡蝶蘭

DSC_8543.jpg

カメラの前に飛び込んで来たキアゲハ

DSC_8580.jpg


DSC_8595.jpg

ブドウも順調に育っています。

DSC_8627.jpg

雨上がりの雫をいっぱい付けた草

DSC05176.jpg

定家葛 いい香りを漂わせて

DSC05177.jpg

近日中に満開になりそうなブラシの木の蕾

DSC05185.jpg

梅花卯木も咲き始めました

狭い庭だけど四季折々目を楽しませてくれます。いろいろ草花もありましたが実家へ行くようになって手入れが出来なくなり枯らした物もあり可哀想なことをしました。
木の花はあまり手間いらずなので良いです。





巡る季節の中で 2 [随想]

庭もピンクの花桃や椿の赤が目立つ様になると一気に華やかさをましました。
小さな虫や蝶も訪れてきます。


DSC00343.jpg



DSC00404.jpg

珍しい孔雀椿、赤と白の染め分けで花弁が細長く、やっとたくさん花を付けるまでに育ちました

DSC00712.jpg



近くの私の秘密基地の公園までお花見お散歩
DSC00486.jpg

少し遠くへ行けば大きな公園があるけれど、この公園は人も少なくゆっくり出来るから好き


DSC00459.jpg



DSC00488.jpg


DSC00504.jpg

少し離れた別の公園 


DSC00591.jpg

帰り道で見つけた桜ミラー ^_^


4月3日 生憎の雨でしたが鶴見の三池公園で吟行会 しっとりしたお花見もまた良し
DSC00767.jpg



DSC00785.jpg



DSC00765.jpg



DSC00811.jpg

芽吹き柳越し


DSC00845.jpg



DSC00824.jpg



DSC00875.jpg

晴れた日の満開の桜は美しい、でも何かウキウキするけど心がざわざわして落ち着かない気がする。
そぼ降る雨にけぶる桜はしっとりやさしい感じで心が静まります。

長かった寒い冬から駆け足でやって来た春
明るい光りが自然も人も包みこんでくれて思いっきり身体を動かしたくなる季節
だけど花粉症の私にはあまり気分のいい季節じゃないのです


オマケ
DSC01106.jpg




巡る季節の中で [随想]

すっかりPCともご無沙汰している間に春となってしまいました。
最近はタブレットで用が足りているのです。
たまにPCも開いてみるけれどブログを書こうと意欲が湧きません。
これも年のせいでしょうか。

寒くて外へ出る気も起きず家に籠っている間に写真を撮る機会もなくなっていました。
桜の季節、春の花たちが一斉に開き始めて少し写欲が出て来た♪♪


DSC00147.jpg

貝母草

DSC00160.jpg

下から覗いて


DSC00296.jpg

啓蟄の暦どおりヤモリも現れ


DSC00137.jpg

椿「朴半」も沢山咲きました


DSC00109.jpg



DSC00260.jpg

ユキヤナギ

DSC00120.jpg

馬酔木

DSC00196.jpg

ムスカリ

つづく

不思議な木 [Photos]

昨日、散歩中に可愛らしいクリスマスツリーの様な木をみました。
image.jpg

花は馬酔木かドウダンツツジの様です。

image.jpg

実はヤマモモみたいでもあるし…

image.jpg

黄色や赤やオレンジ色の実がなって、花と実が一緒になった不思議な木だったのでそのお宅の方に名前を教えて頂こうとピンポーンしましたがお留守でした。
植物に詳しい友人に名前を聞き、ヒメイチゴ ストロベリーツリー アルブツスウネドコンパクタ
とわかりました。
本当に可愛らしいクリスマスツリーみたいで私も欲しくなりました(^_^)


nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Summer resort 2 [Photos]

涼しい避暑地でリフレッシュした後は また猛暑の東京横浜に。
帰路、途中の白糸の滝へ立ち寄り一服。

白糸の滝 Photos
DSC03372.jpg



DSC03377.jpg



DSC03370.jpg



DSC03367.jpg



DSC03369.jpg




DSC03378.jpg



DSC03380.jpg



DSC03384.jpg




DSC03386.jpg



DSC03388.jpg



旧軽井沢で少しブラブラ歩き、人も多く日差しも強く暑くて早々に退散することに。
どこにでもある様な街並には魅力もなく、昔日の面影無し。


DSC03392.jpg

月曜日の昼下がり、高速道路もがら空き


DSC03395.jpg

妙義山


DSC03398.jpg

凸凹面白い妙技山


DSC03399.jpg

秋の気配の空と雲


DSC03402.jpg

復路は渋滞もなく2時間で無事吉祥寺到着。
友人と過ごせた良い3日間でした。


Summer resort [Photos]

少し前の8月の記事です


お盆を過ぎても暑さは一向に治まらず うんざりしている所に
軽井沢へ遊びに来ませんかと言う友人のありがたいお誘い。
飛びついて行って来ました。


友人の車で吉祥寺を出発 途中休憩や食料品の買い出しをしながら夕刻到着。
さすがに東京とは10℃以上は違ってて部屋の中は20℃。
薄手のセーターを着込みゆっくりくつろぎ、気がつくと少し眠っていた。

IMG_2155.jpg

遅いランチに途中で立ち寄った「enji」のピザ窯 

IMG_2156.jpg

セミドライトマトと生ハムのピザ ドライブ中でワインを飲めないのが残念!!

セミドライのトマトが甘くて美味しいのでシェフに伺ったら 100℃のオーブンに2日間入れて乾燥させるそうだ。
 


くつろげる柔らかな照明

DSC03325.jpg


IMG_2164.jpg

ランチが遅かったので昼間飲めなかったワインとおつまみ的なもので夕食
心地よい酔いにおしゃべりも弾み気が付けば真夜中過ぎ

翌朝は小鳥のさえずりもセミの鳴き声もなく雨音での目覚め
静かにゆったりとモーニングコーヒーが楽しめた
お昼前には雨も上がりご近所散歩


DSC03260.jpg

静かな避暑地の道

DSC03265.jpg

垣間見える瀟洒な別荘


DSC03272.jpg

自然なままの地形

DSC03275.jpg

緑の林道に赤い車が良く似合う

DSC03280.jpg

可愛い手作り感あふれる表札?

DSC03282.jpg

前を行く友人

DSC03290.jpg

森の熊さんに出会う

DSC03304.jpg

公園のように手入れされ花がいっぱい
定住されている方の憩いの場所の様

DSC03301.jpg

ナチュラルオブジェ


DSC03306.jpg

やっと大通りが見えて来た



DSC03308.jpg

1時間半の散歩でお腹も空き、見上げる空は真っ青

DSC03315.jpg

歩き疲れて辿り着いたレストラン「 mama's garden」人気のオムレツ頂きましたがお腹空き過ぎて
撮影し損ねた[ふらふら]
美味しかった^_^


DSC03328.jpg

帰りは大通りを歩いて30分で到着しお昼寝タイム

DSC03331.jpg

ドライブへ

DSC03343.jpg

夕焼け見れるかも

DSC03356.jpg

淡いブルーに暮れて行く山並み♪♪

DSC03346.jpg

子馬が駈けてるような夕焼け雲

DSC03357.jpg

淡い山並みのシルエットがだんだん消えていきました

nice!(5)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。